学資保険の資料請求はここから!学資保険比較ドットコム。

今月の人気学資保険ランキング

学資保険 比較学資保険 資料請求学資保険 相談
資料請求 学資保険 相談
学資保険比較 資料請求 学資保険 比較


保険料シミュレーション START!
学資保険 比較
学資保険 資料請求


※まずは(STEP1)カンタン保険シュミレーションツール
保険料を試算し、ご家庭に合ったプランを探します。



学資保険 資料請求

学資保険 比較
学資保険 相談
学資保険

「保険市場」よくある質問Q&A引用

学資保険 比較資料請求や来店相談は無料なの?
学資保険 比較もちろん無料です。相談料は一切いただきません。私たちは、「保険のしくみと役割」をしっかりとご理解いただいた上で、 「保障内容」が現在のライフスタイルや将来設計に合っているのかなどを、お客さまと一緒に考えていきたいと考えております。  

学資保険 比較しつこく勧誘されるんじゃ・・・。
学資保険 比較決定権はお客さまです。サービスの押し売りはいたしません。ご相談の結果、現在のご契約で特に問題がなければ、そのままご継続いただければいいのです。 ライフプランやご希望内容と相違がある場合などは、必要な準備をしていただけるよう、ご提案はいたしますが、ご採用いただくかどうかは、お客さまの判断です。

パパッと資料請求はこちら→カンタン保険シュミレーション
じっくりプロに相談はこちら→お近くの保険市場を探す

学資保険は必要? 損をしない選び方|一括資料請求で数社を比較しよう

学資保険がわが家にとって本当に必要なものかどうか、迷っている方は少なくないと思います。変化の激しい現代、10年、20年先のことなど誰も正確には判断できないことですが、子供の将来を考えるとき、親としては子供が自由に職業選択や進路選択できる経済環境を整えておきたいと願うことは当然のことです。当サイトでは、損をしない学資保険の選び方や、学資保険の基礎知識等を掲載しています。


日本政策金融公庫が近年実施した国民生活に関する調査によると、高校入学から大学卒業まで(7年間)にかかる子供1人当たりの教育費の平均額は1,024万円という結果が出ています。その大半は、大学の学費、高校の授業料など「在学費用」によって占められていますが、約14%に当たる145万円が、入学しなかった学校に支払った納付金までを含めた「入学費用」でした。ただし、この数字はあくまでも大学・高校に支払われた金額だけであり、予備校・進学塾など学校以外での出費は含まれていません。(日本政策金融公庫「教育費負担の実態調査結果(勤労世帯)」平成20年7月調査より)

少子化が進んだ現在の日本では、1人の子供にかける教育費が膨らむ一方であり、それに備える学資保険の意味は大きいと思われます。現在、生命保険会社が提供している教育費の補助・補填を目的とした保険には、いわゆる学資保険のほかに、こども保険と呼ばれているものが多くあり、両者の境い目はあいまいで、名称から明確に区別することは困難です。しかし、高校から大学までの多額の教育費を無理なく捻出するために真剣に保険の利用を考えるのであれば、多機能・軽負担のこども保険とは一線を画した、本格的な学資保険への加入をおすすめします。

パパッと資料請求はこちら→カンタン保険シュミレーション
じっくりプロに相談はこちら→お近くの保険市場を探す

▲このページのトップへ