学資保険のメリット

学資保険の第一のメリットは、教育資金を着実に積み立てることができ、高校進学、大学進学といった必要な時期に、まとまった進学資金を確実に受け取れることです。しかも、月々の保険料を自由に設定できるタイプの場合は、大学進学時の大きな出費を学資保険だけで全額準備することも可能です。また、通常0歳から加入することができますので、教育費負担の少ない幼い頃から始めることで、月々の保険料負担を軽くすることができます。このような保険金と保険料の規定は、各社各商品により大きく異なりますので、「保険の一括無料資料請求」サイトから各社の資料をまとめて取り寄せ、比較検討してください。

また、学資保険は、保険期間中に保険契約者(親)に万一のことがあった場合、以後の保険料支払が免除されることも大きなメリットです。保険料を支払わなくなっても保険契約はそのまま継続し、高校進学時や大学進学時、あるいは満期時に、契約通りの保険金(進学資金、祝金、満期学資金など)を受け取ることができます。

返戻率(へんれいりつ : 支払保険料総額に対する受け取る保険金額の比率)が比較的に高いこともメリットのひとつとなっています。学資保険の中でも一般に「こども保険」と称されているものは、幼稚園入園時や小学校入学時にも祝金が出るなど保険金の受け取り回数が多く設定されている反面、高校・大学進学時に受け取れる額が比較的に少なく設定されており、返戻率が100%を下回るものが多いようです。一方、高校・大学進学時の進学資金に主眼を置いた学資保険は、通常100%を超える返戻率があり、中には110%以上のものまであります。進学資金を確実かつ有利に積み立てることのできる保険です。気になる返戻率についても、「保険の一括無料資料請求」サイトに資料請求をしてお確かめください。

みんなに選ばれている学資保険はどれ?
今月の人気学資保険ランキング


学資保険 比較 資料請求
学資保険比較 資料請求 学資保険 比較


保険料シミュレーション START!

この記事のタグ

サイト内関連記事

学資保険のデメリット
学資保険のデメリットとしては、高校・大学進学時に受け取れる進学資金や満期学資金の......

▲このページのトップへ